映画 顔たち、ところどころ

また映画行ってきた。

顔たち、ところどころ 銀座シネスイッチ 2018.9.24

以下は映画.COMから

フランス映画界の名匠アニエス・バルダと若手アーティストのJRが共同監督を務めたロードムービースタイルのドキュメンタリー。「ヌーベルバーグの祖母」とも呼ばれ、女性監督の先駆者としてカンヌ国際映画祭やアカデミー賞の名誉賞も受賞している88歳のバルダと、参加型アートプロジェクト「Inside Out」で知られる34歳のアーティスト、JR。親子ほども年の離れた2人がフランスの田舎をトラックで巡りながら、市井の人々と接し、作品をともに作り、残していくいく旅の様子を記録した。2017年・第70回カンヌ国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞し、トロント国際映画祭の最高賞である観客賞など、各国の映画祭で受賞を重ねる。

 

前にシネスイッチで予告を観たときに、観たいと思ってたんだよね。

アニエス・バルダさんもJRさんも有名な方だったんだね。知らなかった。

それより、フランスの田舎町の風景が奇麗で、そこに暮らす人達がとても素晴らしくて、感動しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

引退真近のどん底リーマン。オレにだって未来はあるさ!無限の可能性を信じてしぶとく生きていく!